Archive of ‘医療脱毛はトッピング式なら安い?’ category

医療脱毛は「東京より関西が安い」と聞きましたがホント?

医療脱毛はイザ受けるとなると部位のコースでも10万円単位~20万円。

それでも安いほうかも知れないのが昨今です。

東京と関西、その値段に格差はあるのでしょうか。

■相対的に1割程度は安いと思われる関西の医療脱毛。

東京と大阪などの関西を比較して、どちらの医療脱毛のほうが安いかを述べるのはむずかしい側面もありますが、誤解をおそれずにザックリした感覚だけで言えば、関西のほうが1割程度は安いといえるでしょう。

医療脱毛などのクリニックは、東京や大阪などの関西でも、客の来やすい駅前や繁華街など一等地にあるのが大半。

その意味ではどちらも出店コストがかさみ、値上りしているのが現状です。

ですが、東京も高いといえど医療脱毛の激戦区。

企業努力で安く脱毛をできる場所は十分にあります。

■先取の精神で、必要な部位だけトッピング式で脱毛する。

もう1つの側面ですが、東京にくらべて関西は先取の精神に富んでいます。

人が思いつかない奇抜な発想でも、平気で実現化してしまうのが関西。

医療脱毛で言えば、最近では“人目につきやすい部位だけ脱毛する”、トッピング式の医療脱毛が大阪を中心に流行っています。

全身とか両足のすね毛とかエリアごとに区切るのではなく、すね毛なら前の一部だけを重点的に、目立つカ所だけといった感じです。

■トッピング式、“ちょこっと脱毛”だから安い料金。

しかも施術時間も短くなるので、せっかちな大阪人には大ウケです。

必要な脱毛箇所だけをちょこっとずつやっていくので、安いうえに施術時間は短縮。

大げさに考える必要がなく、間隔を詰めて医療脱毛に通院している人が大多数です。

これなら一大決心をして貯金をはたく必要もありません。

ありそうでなかった利用者本位のプランです。

もちろん東京でも背中上部だけ、両ひざ下だけ、などちょっとして部位ごとに脱毛してくれるプランを提供しているクリニックもあります。

自分に合ったプランを選びましょう。

◎オススメ記事>>脚でもワキでもない!? 男が「本当に脱毛しておいてほしい部位」4つ – Menjoy! メンジョイ