医療脱毛で、とくに安いおすすめの時期ってある?

医療脱毛にも繁忙期と閑散期があります。

忙しい春夏は料金が高く予約も困難。

逆に秋冬は料金が安いうえに予約が取りやすく、サービスや対応もいい感じです。

■春夏は混み合う繁忙期。秋冬は予約も取りやすい閑散期。

必ずしもそうだとは言い切れませんが、医療脱毛の世界にも繁忙期と閑散期があります。

繁忙期は春から夏にかけて、閑散期は秋から冬にかけてです。

男性でも女性でも肌を露出する機会が減るので、「この時期にわざわざ医療脱毛に通わなくても」と思いにフタをしてしまいます。

しかしこの秋口から冬にかけて、9月~2月あたりの期間は客数が減るので料金は安い設定に置き換えられ、サービスは良くなります。

安い料金設定で医療脱毛を受けるなら、秋冬が狙い目です。

■“経過観察とヘアサイクルの見極め”でインターバルが必要。

結果が早く出る医療脱毛でも、施術と施術のあいだ、インターバルは1カ月が必要とされています。

この期間を使って脱毛の進行状態をチェックし、同時に施術によって受けた肌へのダメージをクールダウンさせます。

体毛には発毛期や成長期・休止期といったヘアサイクルがあり、脱毛にもっとも適した時期を選んで施術しなければならないこともインターバルを置く理由の1つです。

■早期に脱毛できる医療脱毛でも、5回の通院で10カ月はかかります。

閑散期に余裕をもって行けば、安いだけではない利点が多数あります。

まず閑散期なら上記でお話ししたように料金が安い、また予約が取りやすいといったメリットがあります。

対応にも余裕があるので、じっくり向き合ってもらえます。

さらに言えば、秋冬に医療脱毛をスタートさせておけば、翌年の夏のビーチシーズンに慌てることなく照準を合わせられます。